上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

081102-1.jpg2008-09シーズン バークレイズ イングランド プレミアリーグ 第11節

マンチェスターユナイテッドがオールドトラッフォードに迎えるは、前節チェルシーに敗れたものの以前上位に位置する昇格組のハルシティ

1試合消化が少ないながらも上を行くハルからはきっちりと勝利を収めたいユナイテッド。いきなり試合が動きます。ロングボールのこぼれ球をベルバトフがロナウドへワンタッチで送る。それをロナウドが振り向きざまのシュートでいきなり先制点を奪う。

この立ち上がりの1点で積極性がなくなったのか、以前観戦したアーセナル戦のようなアグレッシブさがハルには見られませんでした。前線からどんどんボールを追い回すわけではなく、しっかりと引いてるしまっている。これではユナイテッドの一方的な展開になりかねないかな、と思ってたところに、セットプレーからクザンのヘッドでハルが同点に追いつく。

同点に追いついてからも一向にペースの変わらないハル。ユナイテッドは畳み掛けるような攻撃でベルバトフを中心に攻勢に出る。すると足首の怪我から復帰のキャリックが左足を振り抜き勝ち越し。前半終了間際にはCKからロナウドのこの日2点目で3-1。

後半開始すぐにもCKからビディッチがゴールネットを揺らし4-1。これで勝負あったかに思われましたが、ハルの選手達は諦めていませんでした。エヴラの不用意なクリアからメンディにボールを奪われ、ループシュート。ビディッチがかき出すもゴールラインを割っていてゴールが認められる。

先日のノースロンドンダービーと同じような展開に・・・。

すると、メンディの突破をリオが不用意にペナルティエリアで倒してしまいPK。これをジオバンニがきっちりと決めて1点差。ここからはいつものハルのエンジン全開。どんどんボールを追い回し、ユナイテッドが慌てる場面も。

しかし、そのままタイムアップ!

ユナイテッドは何度もとどめをさせるチャンスがありながらも逃し、厳しい試合となってしまった。
一方のハルは3点差でも最後まで諦めない姿勢で試合を盛り上げました。負け試合でもここまで気持ちを見せてくれるとサポーターも納得でしょうね。

今日の個人的MOMは・・・。ベルバトフかな。後半かなり消えている時間が多かったベルバトフですが、かなりチームにもフィットしてきて、攻撃の軸になっているのは確かですね。


2008プレミアリーグ第11節
マンチェスターユナイテッド 4-3 ハルシティ

mark_hq.gif



Official Manchester United Football Club Calendar 2009 (Calendar)
Official Manchester United Football Club Calendar 2009 (カレンダー)
価格: ¥ 1,644 (税込)

最後まで読んでいただきありがとうございます。満足いただけたら応援ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへにほんブログ村 サッカーブログへ

2008年11月02日 プレミアリーグ観戦レポート トラックバック:0 コメント:0

<< 【アーセナル】 パスサッカー | プレミアリーグ情報・動画 収集サイト【プレミアリーグフリークブログ】TOP | 【ユナイテッド】 カウンターアタック マスター >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。