上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

081019-2.jpg2008-09シーズン バークレイズ イングランド プレミアリーグ 第8節

イングランド代表で存在感を見せつけて戻ってきたウェイン・ルーニー。ロナウドの怪我からの復帰後チームとしても上向きのユナイテッドのホーム、オールドトラッフォードでの一戦。迎えるはここ2試合無失点の守備で勝点を積み重ねている昇格組のウェストブロムウィッチアルビオン。

ファーストシュートこそユナイテッドに譲ったものの、ウェストブロムもクリア一辺倒にはならず、DFラインからしっかりとポゼッションしてビルドアップ、といいサッカーを見せていました。13分にはするどいカウンターからミドルを放つもファンデルサールの正面。

徐々にボールを持つ時間の多くなってきたユナイテッドは、22分相手のパスミスを拾ったロナウドからルーニーへスルー。一人を交わしてゴールネットを揺らすものの、ファールをとられてノーゴール。しかし、一連の動きを見るだけでルーニーのコンディションの良さが伺えました。

立て続けにルーニーにビッグチャンス。ギグスのFKから頭で合わせるがGKカーソンに阻まれる。

ウェストブロムもコレンがシュートを放つが、可能性を感じない。

スコールズ不在の影響は大きく、ピッチを広く使う展開がなかなか作れないユナイテッドでしたが、30分くらいからギグスがうまくサイドを使い出したものの、ウェストブロムが凌ぎきり、前半終了。

081019-1.jpg後半開始から一気に攻め立てるユナイテッド。55分のベルバトフの強烈な左足はGK正面。その1分後、するどいカウンターからベルバトフ→ルーニーと繋いで、最後はルーニーがDFの股間を抜くシュートでユナイテッド先制。

後半は完全に一方的な試合となりました。5分後にもギグスのスルーにルーニーがワンタッチでシュート。枠を捉えるがカーソンがビッグセーブ!

追加点はルーニーがお膳立て、GKと1対1となったロナウドは冷静にカーソンの股間を抜いてゴール。
3分後にはCKからベルバトフのうれしい移籍後リーグ初ゴール。

ウェストブロムに一筋の希望が見えたのは、途中出場のイシュマエル・ミラー。42分、43分と立て続けに左足のシュートでユナイテッドゴールに襲い掛かる。191cmと大柄ながら、2本目のシュートはスピードでDFを振り切り豪快なシュート。今後が楽しみな21歳です。

4点目のとどめをさしたのはユナイテッドの得意な切れ味するどいカウンター。ベルバトフから右へ開いたルーニーへ、グラウンダーのクロスをファーサイドのナニが押し込み勝負あり。


この試合のMOMは何と言ってもウェイン・ルーニー。1得点2アシストの活躍。貪欲にゴールへ向かう姿勢は素晴らしい。課題の1対1の対応させ身につけば、得点王も狙える選手ですね。

一方の1ゴールを決めたロナウドは、主に左サイドに位置し、対するウェストブロムの右サイドバックのザウフェルローンに自由を与えてもらえず、かなり押さえ込まれていました。ゴール後の表情などを見てもフラストレーションが溜まってる感じかな。

そして、この試合右サイドバックで出場したラファエル・ダ・シルバ。後半ギャリー・ネビルと交代しましたが、やはりギャリーのオーバーラップのタイミングなどをみてるとまだまだと言った感じでしょうか。逆にギャリーは少ない時間ながらも存分に存在感を出していました。

ウェストブロムも前半はいいサッカーをしていただけに、残念な結果となりました。後半はなかなかポゼッションという形にはもっていけませんでしたが、今後も若い選手の活躍が楽しみですね!


2008プレミアリーグ第8節
マンチェスターユナイテッド 4-0 ウェストブロムウィッチアルビオン

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。満足いただけたら応援ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへにほんブログ村 サッカーブログへ

2008年10月19日 プレミアリーグ観戦レポート トラックバック:0 コメント:2

<< 【ユナイテッド】 Glory, glory Man. United | プレミアリーグ情報・動画 収集サイト【プレミアリーグフリークブログ】TOP | サーバー復旧のお知らせ >>

四点目について

個々の選手の判断がすべてパーフェクトで
素晴らしいゴールを演出しておりますな~

ギグスからの正確無比なロングフィード
ベルバトフが一歩中に入ってから外のルーニーに出すあたり
気が利いているな~と感心してしまいました。

センタリングに対して
ロナウドはちゃんとニアに入ってますし
ナニはファーへ爆走していて
ルーニーがどちらに出しても得点は入ったと思います。


やはりディフェンス&キーパーが反応しづらい奥を選択するあたり、ルーニー流石って感じですね。

これぞカウンターアタックと言わんばかりの素晴らしいゴールでしたね。

この試合を見る限り今年のルーニーは
一味違う感じがするのですが…
毎年見てきたIZUさんはどう思われますか?

2008年10月22日 lizzie URL 編集

>lizzieさん

おっしゃる通り4点目はすべてパーフェクトでしたね。
ベルバトフもまだまだ馴染めてない感じはありますが、得点にはしっかりからんできてますし、ロナウドも徐々にコンディションが上がってきてる感じですね。

ルーニーですが、今年というか代表戦以降すさまじいです!それ以前は例年の如く、決定機で決めきれない部分など物足りなさがありましたが、この1試合を見る限り今のルーニーは絶好調^^

今年は何かが変わるきっかけになるかもしれないですね!

2008年10月22日 IZU URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。