上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

080928-1.jpg2008-09シーズン バークレイズ イングランド プレミアリーグ 第6節

首位アーセナルのホーム エミレーツスタジアムでの一戦をTV観戦しました。
創設104年かかっての初のトップリーグ昇格を果たしたハル・シティはここまで2勝2分1敗の7位と大健闘をみせてますが、個人的にも初めてハルのサッカーを観るということでかなり楽しみにしていました。

主導権を握るのはガナーズだろうから、ハルがどうやって守るのかと思っていましたが、前線からの早いプレッシングに最後の最後まで体を投げ出しての献身的なプレーを11人全員が徹底しており、あのアーセナルが繋ぎきれないシーンが度々見られました。更にはDFラインもしっかりと6番ターナーがコントロールし、ラインを下げることなくしっかりとオフサイドをとり、ガナーズに得点を与えることなく、前半を折り返すこととなりました。

080928-2.jpg後半に入り、やはり気になるのはハルの選手達のこの激しい守備がどこまで持つのかが注目の一つでした。

後半、先にチャンスを掴んだのはハル。CKのこぼれ球からのミドルはセスクがゴール前でなんとかはじき出す。その数分後、ゲームが動きました。ガナーズの早いカウンターからウォルコットがサイドをえぐって折り返したところをアデバイヨール、セスクと繋いでなんとかゴールラインを割り、先制。

これで一気にアーセナルの流れになるのかと思いきや、ハルは一歩も引くことなく試合開始からずっと激しいプレッシング。激しいといっても決して、荒っぽいわけではなくしっかりとボールにいっていて見ていても気持ちの感じる素晴らしいチームです。

そして、後半17分スーパーゴールが生まれます。左サイドでボールを持ったジオバンニ。そこをハルの選手が一人追い越す動きでDFが一人つられる。前が空いたジオバンニは右足一閃。豪快なシュートがアーセナルゴールに突き刺さり同点となる。

その4分後、今度はCKからクザンの打点の高いヘッドでなんとハルが逆転!

ここからも一歩も引くことのないハルは素晴らしい守備を最後まで貫き通し、なんとエミレーツに代金星をあげることとなりました。

アーセナルも最後怒涛の攻撃をみせたのですが、それにしてもハルのフィジカル、組織力には度肝を抜かれました。決して、まぐれでこの順位にいるわけではないというのを感じることとなった素晴らしいゲームでした。


2008プレミアリーグ第6節
アーセナル 1-2 ハル・シティ

最後まで読んでいただきありがとうございます。満足いただけたら応援ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへにほんブログ村 サッカーブログへ

2008年09月28日 プレミアリーグ観戦レポート トラックバック:0 コメント:0

<< プレミアリーグ チェルシー のチーム情報追加 | プレミアリーグ情報・動画 収集サイト【プレミアリーグフリークブログ】TOP | プレミアリーグ第5節プレビュー >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。